簿記3級の難易度は?独学でも大丈夫?合格率や問題を知って一発合格しよう

理系大学出身の私は、社会人になってから簿記の勉強をはじめました。

簿記2級、簿記1級、中小企業診断士と無事一発合格できましたが、実は、はじめに受けた簿記3級は油断をして一度は不合格に・・・。

そんな経験を踏まえ、これから勉強される方には簿記3級に一発合格してほしい、という思いです。

難易度や合格率、勉強法についてご紹介しているので是非ご参考ください。

なお、「簿記3級って?」とゼロから簿記について、手っ取り早く知りたい方は実際に講義を受けてみるのも良いです。

資格スクエアのWEB講座なら、30秒で終わる無料会員登録をすれば、初回講座をタダで受講できるので、早く知りたい方は動画を見てしまうのもオススメです。

簿記3級試験とは?試験概要や合格基準

早速、簿記3級の試験概要をざっくりとご紹介します。

簿記3級の試験概要と試験日

試験名簿記3級
試験日程6月11月2月の年3回
試験時間2時間 (集合時間 9:00)
受験料2,800円(税込み)
受験資格学歴・年齢・性別・国籍による制限はなし
持ち物受験票・筆記用具・電卓
合格発表各商工会議所で異なる

簿記3級試験のチャンスは年に3回、全国各地で開催されます。日商簿記試験自体は、年間を通じて57万人が受験する人気の資格です。

日商簿記3級の試験科目と合格基準

 
日商簿記3級の試験科目は主に「商業簿記」です。

2級になると「工業簿記」が入ってきますが、3級では「商業簿記」のみにで、簿記の基本的な内容を学びます。

例えば・・・

  1. 伝票会計
  2. 仕訳帳
  3. 手形取引
  4. 決算仕訳
  5. 精算表

などから、大問5問が出題されます。

簿記3級の対象は主に、個人や小規模企業で、習得すると確定申告や青色申告書類の作成に役立ちます。

簿記3級の申込み方法

全国の商工会議所によって異なりますが、簿記3級の申し込み方法は、

<簿記3級の申込方法>

  • インターネット申込
  • 書店申込
  • 窓口申込

などがあります。

試験日の約2ヶ月前から申込みできるようですが、開催地によって異なるようなので、詳しくは各商工会議所のページを見てみてくださいね。

簿記3級は転職や就職活動、大学受験に役立つ?

簿記3級は、簿記の基本的な内容で、「個人事業主」や「個人規模の会社経理」が対象の内容なので、就職や転職に直接有利!とは言い難いです。

もちろん履歴書には書けますが、就職に有利に働くのは簿記2級から。とも言われています。

とは言え、簿記3級を習得すれば簿記2級の勉強にも近づきます。

また、私が個人事業主として行った確定申告も、2級1級の知識ではなく、簿記3級の知識が逆に役立ちました。

簿記3級の内容を理解していると、お金の流れが理解でき、仕事や日常でもとても役立つので勉強して損はありません。

簿記3級は独学でもいける?難易度と合格率の関係

簿記3級は独学でも1ヶ月程で合格可能と言われています。

とは言え、全然勉強しないと当然落ちてしまいます。

私はもともと理系大学出身で数学は得意でした。

簿記3級は「みんなも受けてるし簡単だろう」と、全然勉強せず受けたところ

不合格に・・・今思えば当然なのですが・・・

簿記3級の合格率は意外と低い?

「やさしい資格」と言われている簿記3級ですが、実際の合格率はどうでしょうか。

<簿記3級の合格率>

開催回申込者数合格者数合格率
149(2018/6/10)101,17335,18944.3%
148(2018/2/25)102,21238,24648.9%
147(2017/11/19)113,55935,86840.3%
146(2017/6/11)102,07740,88050.9%
145(2017/2/26)105,35638,29847.4%
144(2016/11/20)120,09642,55845.1%
143(2016/6/12)106,55828,70534.2%
142(2016/2/28)114,94023,70126.6%
141(2015/11/15)107,92822,09426.1%

だいたい40%~50%の間を推移していますが、低いときでは20%台の回もあります。

いくら取りやすいとは言え、合格率が低い回もあるので、気は抜けません。

簿記3級の失敗談:私が不合格になってしまった理由

最後に、私の簿記3級の失敗談をご紹介します。

それは、油断して、ちゃんと勉強しなかった

ことです。

(当たり前といえば当たり前なのですが・・・)

私の失敗の流れはこうです。

  1. 周りが受験すると聞いて、軽い気持ちで申し込んだ
  2. 合格率も高いし、簡単だと聞いた
  3. 自分は数学も得意!少し勉強すればいけると思った
  4. 勉強スタート!テキストを開いたけど、あまりやる気が起きない・・・
  5. 試験数日前になりテキストを開き勉強してみた
  6. 受験してみたけど、やっぱり不合格・・・

私は、高校・大学の数学の成績もよく、勉強も得意でしたが、油断して勉強しないと当然不合格でした・・・

簿記3級の失敗理由 ①そもそものモチベーション

私の場合、そもそも合格へのモチベーションが低かったことがダメでした。

「周りがやっているから」という単純な理由では、なかなかテキストも開けませんでした。

「簿記を取得して、就職や転職・ビジネスに役立てる!」という強い思いがないと、人はなかなか勉強できません。

もしこれから勉強される方は、是非「何のために勉強するのか?」ということを是非考えてみてください。

簿記3級の失敗理由 ②やる気がでなかった

私の場合、簿記3級の最初にテキストを開いて「うーん・・・」とイマイチやる気がでませんでした。

そして、勉強を辞めてしまった・・・

実際に勉強してみて、やっぱり面白くない!と思う方もいらっしゃると思います。

「自分に合う、合わない」はあります。

ですので、教材やテキストを購入する前に、一度「簿記3級は自分に勉強できそうか?」というのを確かめてほしいと思います。

オススメなのが、実際の授業を無料で受けてみることです。

資格スクエアのWEB講座なら、無料会員登録で初回講座を受講できるので、是非一度「自分に合ってそうか」を感じてみてください。

簿記3級の失敗理由 ③簿記の面白さに気づけなかった

上記のようなも「勉強する理由」がなくても、勉強できる人はいます。

それは、「簿記の勉強が楽しい!おもしろい!好き」と思っている人です。

このような人は、放っておいても勝手に勉強してしまうので、必ず合格できます。

簿記2級、1級を勉強している頃には「ぁあーコレがこういうことか!」と勉強自体が楽しくなっていました。

簿記1級に至っては、平均勉強期間1年・平均合格率10%とかなり難易度が高いですが、私の場合6ヶ月で一発合格出来るほどになっていました。

勉強は「最初はよくわかんないなぁ・・・と思っていても、理解しだすと面白くなることもあります」

簿記の勉強は、「どうしても嫌」と思わなければ、続けていると楽しくなってきます。ですので、あきらめず続けてみてください。

まとめ:簿記3級は独学でも可能だか、勉強を続ける仕組みづくりが大切

最後に、簿記3級についてまとめたいと思います。

  • 簿記3級は基本的な商業簿記の知識を習得できる
  • 合格率は高く簡単と言われているが、実際は20%台の回もある
  • 独学でも可能だが、油断すると合格できない
  • 簿記の勉強が面白さを知るのが合格への近道

私は簿記3級はしっかり勉強すれば合格できる試験です!

頑張ってみてください!

簿記3級の独学に「WEB講座を併用」で、効率よく勉強するのがおすすめ


これから簿記3級を勉強する方は、独学に「WEB講座の併用」がオススメです。

私は不合格になってしまいましたが、その後の勉強法を見直し、いろいろ比較検討してみたところ、

内容も値段も充実している資格スクエアのWEB講座がオススメでした。

妻が実際に有料会員の講座を使ってみてるので、「使い心地」や「感想」をご紹介しますね。これから勉強される方はご参考ください。

スマホ一つで勉強できるので便利

実際に使ってみてわかったのですが、資格スクエアでは、紙の教科書以外に、PDFのテキストファイルをWEB上で見れます。

このPDFのファイルを開きつつ、講座を聞くことで、紙のテキストを広げなくてもスマホ一つで勉強できるのが良かったです。

満員電車の通勤中は、テキストは広げられないときが多いので、立っていてもスマホで学習できるのが嬉しいそうです。

女性が持ち歩くカバンには、メイクポーチ、長財布、ペッドボトルの水・・・など、すでにパンパンです。

そこに+テキスト1冊でも入ると、結構重たいそうなので、持ち歩きがラクになるのが良かったそうです。

他にも、動画の表示を消し「音声のみに切替」も出来るので、音声だけ聞きながらレジュメを見れば、パケット通信料も抑えられるそうなので、是非お試しください。

テキスト込みの値段で、受講料が安い

資格学校/独学受講形態受講料(テキスト含)
専門学校(TAC)教室通学2級:23,000円
3級:15,000円
WEB講座(資格スクエア)スマホやPC2級:19,440円
3級:6,480円
独学テキストのみで自分で勉強2級:約2,000円
3級:約2,000円

資格スクエアの簿記3級の講座は、テキスト、問題集の2冊込みの値段で6,480円なので、完全独学と比較しても数千円しか変わりません。

どこでもいつでもスマホで勉強でき、動画を見るとモチベーションをアップしてくれる動画は、自分への良い投資とも言えます。

紙のテキストがあるからこそ、しっかり勉強できる

私の経験上、資格の勉強、特に簿記は紙のテキストがあったほうが良いと思います。

アプリやWEB上だけで勉強できる人は良いのですが、私はあまりオススメしません。

簿記の場合、計算問題もあるし、各章の内容が相互に絡んでいたりするので、何度も前のページを見返したりするためです。

紙だと全体を俯瞰的に勉強できたり、書き込みも出来るので頭に入りやすいです。

また、資格スクエア以外にも、WEBで受講できる格安の講座は結構あるあのですが、「テキストは自分で印刷しないといけない」というところがほとんどです。

紙を1枚ずつ印刷するのは時間も手間もかかります。少なく見積もっても3~4時間程かかるとかと・・・

そんな時間は勉強に当てたほうがいいと思います。

自分の時給を1500円とした場合、それだけで1,500円×3時間で、4500円です。

それならテキスト1冊買ってしまったほうが安く、疲労感もありません(笑)

講義を倍速機能で受講できるので、時間短縮できる

資格スクエアの動画は21段階の倍速機能があるので、速度を上げれば、インプット時間をかなり短縮できます。

簿記の先生の話し方は、はっきり・わかりやすいので、速度を上げても問題なく聞けました。

個人的なオススメ倍速は、「1.7倍速」で、それ以上はちょっとはやすぎる・・・!というかんじです(笑)

ちなみに、簿記の先生は「公認会計士専門学校老舗の東京CPA会計学院」で、45年以上の歴史を持つ伝統ある学校です。

公認会計士試験の合格率も高く、毎年の試験傾向に即した簿記の講座やテキストで教えてくれるので、安心して勉強できます。

プロに習うことで、簿記への理解度が早くなり「面白さ」にも気づけるはずです!

進捗管理機能を使えば、モチベーションアップに


資格スクエアでは「進捗管理機能」があり、毎日自分が何時間勉強したか、グラフや表で一目瞭然です。

他にも、講座ごとに「1回目済」という進捗管理もできます。↓

使ってみると、意外とコレがやる気アップにつながりました。「よし!今日はこれだけやった!」「昨日より勉強してない・・・」と、自分自身を客観視できるのでオススメです。

※この進捗管理機能は、本登録すると見れます

簿記3級のWEB講座のデメリット

資格スクエアのWEB講座のデメリットは「質問できない」点です。

資格スクエアの講座によっては、質問できる講座もあるようですが、簿記検定は質問できないようです。

簿記の勉強は不安、質問しつつ勉強したい・・・という方には、通学講座のTACがオススメです。

とは言え、簿記3級の勉強のボリュームはそれほど多くなく、難易度も低いと言われているので、講座を見て繰り返し勉強することで、質問しなくても最終的には理解できるになると思います。

ですので、是非頑張ってみてください!

<無料会員の登録方法(スマホ)>

資格スクエアの無料会員は手順も少なくとても簡単です。

スマホの場合・・・画面右上にあるメニューバーを開き、【会員登録(無料】というブルーのボタンから登録します。
会員登録する際に、「興味のある資格はありますか?」という欄があるので、【簿記】にチェックすれば終了です。

<無料会員の登録方法(PC)>


PCの場合は、左側のメニューバーの中にある【会員登録(無料】ボタンから登録します。

会員登録後にログインすれば、すぐに簿記検定の講座を体験できるので、是非チェックしてみてくださいね。