夫婦円満のためのコミュニケーションの秘訣7つとおすすめの仲良しアプリ

昨今では働き方改革や大企業の人員削減への動き等、ワークライフバランスの中で家庭の比重が高まる動きにあるように感じます。

その家庭の中で要とも言える夫婦関係はいかがでしょうか。
人間関係の悩みが人生の質を損なうのと逆に、家庭でも夫婦関係が良好であることが人生の質を高めてくれます。

本記事では夫婦間のコミュニケーションをブラッシュアップするコツと、おススメのコミュニケーションツールをご案内したいと思います。

SPONSORED LINK

夫婦間のコミュニケーション向上の秘訣

秘訣① 感謝の気持ちを伝える

感謝できると言う事はお互いに相手がやってくれていることを見ていることを理解していることの証明となります。

秘訣② 思ったことや疑問点があれば貯め込まずに話す

私も経験がありますが、後でため込んで一気に話すと、
「今までずっとそんな風に思っていたの?」
と本音をさらけ出していないことに対して信用を失ってしまいます。

従って、批判にならない程度に都度話し合うのがいいと思います。

秘訣③ 名前で呼ぶ

やはり私自身、名前で呼んでもらえると嬉しいものです。

子供がいる場合は親としての役割があり、対外的には夫婦としての共同体の立場をとってはいますが、それ以前に個人としてのアイデンティティーがあるのですから。

秘訣④ お互い干渉しすぎず、ただし、予定を押さえておく

2人仲よく行動すると言うのは微笑ましい一方で、常に2人で行動すると言うのも現実的ではありません。

夫婦はお互いが経験と長所を持ち寄り、助け合うことで生活を豊かにしていくものだと思います。
常に一緒と言うのはお互いの可能性を縛ってしまうことになりますので、1人の時間を持つことは尊重すべきではないでしょうか。

しかし、お互いがどのような予定でどのように行動しているのかを把握しておく事は重要です。
予定を知ることで、多少はパートナーの状況を理解することに役立ちます。

秘訣④ お金を使う場合にはパートナーに相談をする

お小遣い制の場合には各々が定められた金額の範囲で使えば思いませんが、そうでない場合には都度相談しておくことが良いでしょう。

欲しいものがあれば日々の会話の中で話しておけば共感を得られる可能性が上がるかもしれません。

秘訣⑤ ついで用事がないか、こまめに連絡する

例えば仕事から帰るときに
「何か買って帰るものはない?」
とか、ついでにできそうな用事がある場合にこまめに連絡を取る事は有効です。

無理をして用事をこなす必要はありませんが、無理なくついでにできる場合には、こまめに連絡を取っておくことが関係を円滑にする鍵となります。

秘訣⑥ 思い出を残しておく

いつどこに遊びに行ったとか何をしたとか、大切な思い出は忘れないように積み重ねていきたいものです。

特別な外出だけでなく、何気ない日常で写真を撮ったものも残しておくとさらに思い出を彩ってくれます。

秘訣⑦ 記念日を覚えておく

人間は節目節目で振り返ることで成長を重ねていくことができます。

夫婦で揃って今までを振り返ると言う意味でも記念日は大切なものです。
日記は副作用のないセラピーだという言葉もありますが、記念日に振り返る事は夫婦での人生日記のようなものなのかもしれません。

以上が夫婦の関係性を向上させるコミュニケーションの秘訣ですが、アプリを用いてある程度仕組化することが可能です。

SPONSORED LINK

おすすめの夫婦間のコミニケーションツール

SNSやLINE様々なコミニケーション手段が提供されていますが、オススメの夫婦間でコミニケーションツールはbetweenというアプリケーションです。

カップル専用アプリということで、結婚前の付き合っている段階で利用している人が多いのでは、と印象を抱きますが、夫婦で使ってこそ効果があると思っています。

お勧めする理由は以下の通りです

動作が軽い

私たち夫婦は2人とも格安SIMを使っていますか不要なデータ通信が発生することもなく、サクサクとやりとりができストレスがないです

スケジュールの共有ができる

特に共有設定をすることなく2人のスケジュールの共有が可能です
スケジュールのカテゴリについてもプライベートに関するものや仕事に関するもの、1通必要と思われるものは網羅されています。

夜に仕事で会議があったりこの日はお昼のお弁当が要らないとか事前に通知ありで入れておくことで言い忘れていたと言う事を防ぐことができます。

記念日設定ができる

記念日設定を行うことができ壁紙の上の箇所に特定の記念日を常に表示しておくことができます。

2人の記念日に向けてのムード演出にも一役買ってくれます。

アルバム機能がある

他のコミニケーションツールにもありますがアルバム機能が使いやすいです。

例えば以下のような感じで写真を思い出のタイトルとともに積み重ねることができます。

アルバムは写真や動画だけでなくテキストメモを保存することができます。

テキストメモは1人で編集するだけでなく2人で編集するように設定することも可能です。

1人編集モードと2人編集モードは、各メモごとに設定が可能です。

日々相談したいことや2人で考えたいテーマについて細切れ時間で検討を重ねていくことが可能で重宝しています。

結婚の引っ越しといった長期的に取り組むプロジェクトについても2人編集モードのメモを用いることでタスク管理に活用できます。

保存した各アルバムについては、フォルダを作成して関連するテーマのアルバムは同じフォルダに整理しておくことができます。

フォルダごとの確認も可能ですしアルバムの作成日順での閲覧も可能です。

電話機能

LINE通話と同じようにデータ通信を利用した電話が可能です。

これはメッセージの場合にも言えることですが、友人とのやりとりはLINEで行い、カップルや夫婦間のやりとりはbetweenで行うと言う形で利用するアプリケーションの棲みわけを行える点がメリットです。

今の時代1番恥ずかしいのが送信先間違いですので、プライベートの中でも家庭と友人関係で異なるアプリケーションを使えると言うのは気楽さがあります。

かわいいスタンプ

私たちはLINEでもスタンプはよく使いますが、betweenのスタンプは群を抜いてかわいいと思っています。

特にピンク色のウサギのメリーは丸顔に丸いほっぺと言う可愛さを具現化したような存在であり、シンプルな表情/豊かな動きが愛らしいです。

過去のメッセージを日付別で振り返られる

キーワードでの過去のメッセージ検索はもちろんできますしそれに加えて特定の日付を指定してその日のメッセージを検索することができます。

日付の指定も可能な日付は過去3カ月になりますが、オプションのbetween Plusを購入することで過去すべての期間を振り返ることができるようになります。

脳へのいい影響がある行為として日記がありますが、定期的に掛けがえのないパートナーとの過去のやりとりを振り返ると言う温かい時間を持つことは、私たちの日常を彩ってくれることでしょう

SPONSORED LINK

まとめ

かけがえのない人とのやりとりなので通常用いるアプリとは別のアプリを用いることで特別感を演出できます。
またアプリを使い分けていることで、プライベートの内容をLINEに誤爆してしまう心配もありません。

カップル専用アプリに特化しているので、夫婦や恋人といった、閉じて密なコミュニケーションに必要な機能が揃っていますので、メッセージ/カレンダー/写真の目的ごとにアプリを使い分ける必要がなくシンプルです。

電話やメッセージといった日々のコミニケーションに必要な機能はもちろん、データ通信料も軽く、スタンプもとても可愛い、と造形美と機能美がシンプルに融合しているといえます。

無料で使うのが申し訳ない位活用させていただいているアプリです。
私達も定期的にかわいいメリーのスタンプを購入することでささやかながら感謝の気持ちを表現させてもらっています。

カップルや夫婦で利用するのに大変お勧めできるアプリですので、いちどお試しになられて密なコミュニケーションを実践されてみてはいかがでしょうか。