これは便利! パワーポイント(power point)で画像を切り抜きし、おしゃれでかっこよくする方法

ご存知でしたか? Power Pointだけでおしゃれな画像加工ができることを。

Photoshopやイラストレーターのようなソフトがないと、かっこいい画像編集は出来ないと思っていませんでしたか?

PowerPoint 2010以降では、「背景の削除」という機能が追加されました。

このおかげで、上のような画像編集なら、誰でも簡単に3分で出来てしまいます。

この記事では、Power Pointを使って作る、おしゃれでかっこいいトリミング・切り抜きの方法をまとめました。

デザインにお悩みの方、いつも同じプレゼン資料に飽きてしまった方、下記の簡単な手順をマスターすれば、素敵なデザインがつくれるはずです。

SPONSORED LINK

目標:ジャーサラダだけを切り抜く

例として使用する画像は、屋外で撮影されたジャーサラダです。右隣にタンブラーもありますね。

今回の目標は、真ん中にあるジャーサラダだけの切り抜きです。サラダジャーだけを切り抜いて、おしゃれなポスターやプレゼン資料を作りましょう。

切り抜きのステップ

ステップ ① 画像を取り込む




 power pointのメニュー・左から3番目にある「挿入」タブをクリックすると、スライドに挿入できる「表」や「図形」などのアイコンが登場します。

②  その中の左から3番目にある「画像」をクリックすると、画像ファイルが現れるので、そこから加工したい画像を選択します。

ステップ ② 背景の削除メニューを選択



 ステップ①で、ファイルから取り込んだ画像をクリックし、選択します。

 

すると、今までなかった「書式」が、メニューの一番右に現れますのでクリックします。

その中の一番左にある「背景の削除」をクリックします。


 



すると、このようになります。紫色が消える部分(背景)になります。このままでは、右側のタンブラーや、間にある背景も残ってしまうので、次からは微調整していきます。

ステップ ③ 対象のものだけを切り抜く



① 選択された範囲をドラックし、ジャーサラダのまわりに合わせて、範囲指定します。

 



② ジャーサラダだけになりましたが、消えてほしくない瓶のふちまで消えてしまいました。

下の方には、必要のないテーブルの柄も残っています。

次から微調整していきます。


ステップ ④ 微調整する



 必要な場所を復活させたいと思います。「背景の削除」メニューの中の「保持する領域としてマーク」をクリックします。

 



鉛筆マークが現れます。残したい部分を線を引くようにドラッグします。

すると⊕マークが現れて、今まで消えていた瓶のふちが復活しました!




次はいらない部分を消したいと思います。「背景の削除」メニューの中の「削除する領域としてマーク」をクリックします。




⑤ 鉛筆マークが現れます。消したい部分に線を引くようにドラックします。

 

 

⑥ すると⊖マークが現れて、いらない白い部分が消えました!

完成 & 応用例

完成です!!ジャーサラダだけキレイに切り抜きすることができました!

ポスターに応用

切り抜いたジャーサラダを使って、こんなポスターを作ってみました。
影をつけ、ロゴを書いただけですが、とってもおしゃれになりました。

料理のメニュ―に応用

料理の作り方をつければレシピサイトにもオシャレに載せられます。

切り抜きするだけで、とってもオシャレに見えるので、万能です。