お金持ちマインドの夫婦になるには~【書籍解説】宇宙を味方にしてお金に愛される法則~(第5の法則:期待する)

第4の法則では、宇宙を味方にするということで、天の利を得ることについて理解できたと思います。

お金持ちマインドの夫婦になるには~【書籍解説】宇宙を味方にしてお金に愛される法則~(第4の法則:宇宙を味方にする)

次はいよいよ引き寄せの法則のエッセンスに触れることになります。
お金についての理解を踏まえて、引き寄せをうまく使いこなせるようになりたいものです。

夫 あき
お金と引き寄せの関係って本当に興味があるよ。
妻 まあ
あき君は理系だけど感覚で動くことがあるよね(笑)

SPONSORED LINK

第5の法則 期待する

本章は、前章までの内容を一旦整理して本書の核心に向かうための位置付けの章です。
今までの章のポイントが纏められているので、一旦頭を整理する上でも役立ちます。

さて、本章ではいきなり冒頭で、

  • あなたは収入を増やすために何をしていますか?

と問われます。

上記の問いに対して、

  • 働く以外何もしていない
  • これから考えるところ

という回答は著者に言わせると分かっていないとのことです。
しかし大抵の方は、読み始めてすぐに第5の法則まで到達していると思いますので、

  • これから考えるところである

というケースである方が多いのではないでしょうか。

私見ですが、冒頭の質問は著者のボブ・プロクター氏の煽りであり、後半戦に向けてより情熱を持って読んで欲しいというメッセージだと思います。

大切なのは、一度読んだ後に、本書で「やってみよう」と指示されていることを実際に実践することです。
そして、実践しつつ、二周・三周と繰り返し読んで行くことです。
そうすることで、次に読み直した際には理解度が深くなり、抱く疑問もより核心を突いたものになり、次の実践・行動もより洗練されます。

本気で豊かになりたいと心に刻めば、日々の生活で色々な方法を模索するはずですので、冒頭の「お金持ちになるための行動」も自然と具体的な検討内容になってくるはずです。

私は気に入った本は何周も繰り返し読むことにしているのですが、同じ文章を読むことで定点観測ができますので、自分の成長や変化に気がつきやすいというメリットがあります。
是非とも反復・繰り返しをされてみることをオススメいたします。

夫 あき
この本はいいことが沢山書いているから繰り返し読むのに適しているね。
妻 まあ
2人で読み合わせをするのに向いている本だね。

誘引の法則(Law of Attraction)

前述の前章までのおさらいの箇所が終わると、次は核心に迫る内容へと展開していきます。
誘引の法則と訳されていますが、つまりは引き寄せの法則ですね。

語られている内容はエイブラハム本等と同じようなイメージですが、私の印象に残った箇所としては、以下の通りで、少し気合と根性を感じ取れるものとなっております
(下線箇所は私の意訳となります)

  • 望むものを引き寄せるだけでなく、私達も望むものに引き寄せられてもいること

自分が変わらないままでは何も変わらない

  • イメージ(種子)が現実になる(顕現する)のには一定の期間(懐胎期間・揺籃期間)が必要であるということ

これと決めたことは直ぐに諦めるのではなく継続せよ
また、

人がハートで考えるとき、彼らは考えたものになる

とも述べられていますが、初期のギリシアではハート=潜在意識と呼ばれていたのも興味深いです。

よく「ハートで感じろ」と言いますが、即ち潜在意識に焼き付けることなのでしょう。
尚、この法則においても、

  • イメージを描き
  • 潜在意識に刻み込み
  • 実現することを確信して期待する

という前章までの内容が述べられています。

いつも同じ事を言っていると飽きられたり馬鹿にされたりすることもありますが、私は同じことを一貫して言っている方が信頼に足ると思っております。

夫 あき
いつも同じことを言っている方が信頼できるよね
妻 まあ
あき君は外食する時はいつも「大戸屋がいい」って言うよね。

次は第6の法則「振動と誘引の法則」です。

お金持ちマインドの夫婦になるには~【書籍解説】宇宙を味方にしてお金に愛される法則~(第6の法則:振動と誘引の法則)