何をやっても続かない3つの原因と「継続は力なり」を味方につけて成長する方法

何かの取り組みを始めた際、前へ前へと更に良い結果を求めるのも良いのですが、それが空回りし始めると、焦り→不安→挫折、という悪循環に陥ってしまいます。

最初は高い志を掲げて取り組もむものの、何をやっても続かない人にはどのような特徴がみられるのでしょうか。
私の経験をもとに挙げてみたいと思います。

SPONSORED LINK

ダイエットや勉強などが続かない3つの原因

原因① 悲観的に自分を追い込みすぎる

挑戦するのは良いことですが、昨日までの習慣をすべて投げ打って山籠もりするかのようにストイックに打ち込むのは無理があります。

  1. 続かないリスクを冒してでもストイックに取り組む
  2. 長期的にじわじわと効果(成果)を求めていく

のどちらが大切なのかを決めなければなりません。

原因② やる前から考えすぎたりオリジナリティを追求する

最初から我流を目指して準備に時間が掛かりすぎて動けなくなってしまうってことはありませんか?。
準備すること自体は良いことですが、物事には適切な範囲があります。

例えば、チベット体操を例にとると、第1の儀式では腕を水平に広げて、上から見て時計回りになるようにクルクルと回るだけなのですが、

  • スピードはどのくらいか?
  • 回っている時に目線はどのようにしたらよいか?
  • 試しに多めの回数を回っても良いのか?

等と気にし始めて中々動き出せない人が私の知り合いにいました。

まったく考えずに行動するのも問題ですが、上記のような場合は書籍を一通り読み書いてある通りにすればよいのです。

守破離という言葉もあるように、最初は完全な模倣から始めて型を身に着け、十分に経験を積んだら今度は独自性を模索すればよいのです。

まだ始めたばかりの段階でオリジナリティを追及をするのはコスパが良くないです。

知って理解したなら、考えてから動く(知覚考動)のではなく、動いてから考える(知覚動考)方がスピードも効果も高まるでしょう。

原因③ 成功体験より失敗体験が優先されている

意識してか無意識かはともかく、何かをやっても続かない自分が当たり前と薄々感じているのではないでしょうか。

自分は所詮この程度だから良いんだと開き直るのも、それで本当に幸せなら良いですが、もったいないことだと思います。

SPONSORED LINK

どうして続かないのか?

何事も継続できれば人生が楽しくなるので「継続は力」だけでなく「継続は楽」とも言えますが、なぜ続かないのでしょうか。

何かを始めようとしたとき人は100%の出来栄えを目指してしまいますが、この完璧主義が苦しみの最大の要因です。

常に成長を目指している私たちは、至らない点があるからこそ成長を目指している、とも言えます。
そのような私たちがいきなり100%の完成度を目指すのは自分自身に対して厳しすぎるように思います。

減点法より加点法の習慣を取り入れよう

幼い子供はポジティブ思考

小さい頃は、何か新しいことをできるたびに「良くできたね」と周囲が褒めてくれます。
この成功体験の積み重ねによって私たちはモチベーションがさらに高まり、次々に新しいことに挑戦しようとします。

しかし、成長して社会に出ると果たすべき責任が発生し、責任感や義務感が生まれてくるんですよね。
責任や義務がベースとなることで、自分自身を減点法で追い込みすぎ、人生に閉塞感が生じてはいませんでしょうか。

言葉づかいも加点法か減点法かの思考に影響する

例えば、引き寄せの法則を例に上げると、 前向きな感情を持ち、感謝の心を忘れない と学んだ場合、 ポジティブな感情を抱かなければいけない という強迫観念に駆られてしまったりしませんか?

【真剣に運気を変えたい人向け】引き寄せの法則の効果を高める本と実践のコツ。行動不要の落とし穴には注意。

want(やりたい)がmust(やらなければならない)に変わってしまうと、ストレスと焦りを生まれます。

自分自身の言葉遣いに注目してほしいのですが、何かをしようとする時、

  • want : やりたい
  • must : やらなければならない、やらなきゃ

のどちらを使うことが多いでしょうか?

後者をよく使っているようなら、無意識のうちに自分を減点法に追い込んでいるかもしれませんね。

向上心が減点法思考を生み、減点法思考がストレスを生み、ストレスがネガティブな感情を呼び、焦りが生まれ、負の感情が連鎖的に発生するのはとても勿体無いことです。

SPONSORED LINK

51%基準により加点法思考の風を取り込む

自分に厳しすぎる人は、完璧を目指すあまり無理に自分を追い込まずに、51%の完成度を目指して加点法に偏るぐらいが丁度良いです。

51%なので半分以上、つまり過半数を達成しているわけです!
気楽に始める方が長続きします。

途中でやめたら結果は0ですけど、継続することで0を超える結果が得られます。
最初は控えめな目標であっても継続する方が、最終的に得られる成果は圧倒的に高いと言えます。

達成度の基準だけではなく何にでも51%を使おう

51%は完成度の目安のみならず、1日のポジティブ・ネガティブの配分の目安にも使うことができます。

例えば、自己啓発書は前向きな内容ばかり記載されているので、読んでいる時はポジティブな感情で包まれますが、 一時的にポジティブになれたから安心するのではなく、時間以外の1日のトータルで考えることが重要です。

ポジティブな時間帯に「天にも昇るポジティブ」さに到達しても、それ以外の時間は悲観的だったり心配事ばかり考えていたら、一日の中でネガティブなことを考えている時間の方が多くなります。

そうなると、良い状況に向かうスピードも落ちてしまいます。
まずは24時間の51%をポジティブで居られるように心がけましょう。

そうすれば、通勤電車でも職場でも、ふとした瞬間に「ホッ」とする頻度が増えてきます。
このようになればしめたものです。
51%の均衡が崩れるにつれて、好転が加速し始めるのです。

腹八分目ならぬ腹五分目で「無事これ名馬」を体現する

無理をしすぎると逆効果なもの、例えば、筋トレを始める時のことを考えてみましょう。

このとき、今までの下地が無いにも関わらず、負荷の限界を目指してしまうと、怪我をする可能性も高くなります。
怪我をしてしまうと、進化するどころかスタート時点より悪化しているので、燃え上がらせた情熱が勿体無いですね。

なので最初は無理をせず目標のさらに51%を合格ラインとして取り組めば良いのです。

例えば腕立て伏せを100回やりたいと思ったならば、
10回→20回→…
と徐々にハードルを上げていくと思います。

最初の週は目標が10回ですが、その51%である6回できれば合格、とさらにハードルを下げてしまえば良いのです。

専門のトレーナーについてもらうのであればここまで考える必要はないですが、自分で身体を鍛える場合には無事これ名馬をモットーとすべきです。

腹八分目ならぬ腹五分目に設定することで、身体も徐々に鍛えられて負荷を上げられるようになってきます。
私の場合はチベット体操でこの考え方を使って継続に成功しています

【チベット体操のやり方・効果まとめ】若返りや好転反応は?3年続けた感想も紹介

まとめ

成果を100積み上げた方が良いですが、無理をして0やマイナスになるよりは、5とか10でも良いので着実に積み上げ続けられた方が長期的に見るといいですよね。

0は何回掛けても0ですが、1以上であれば積み上げた分だけ進んでいくので気持ちが楽になりませんか?